「レポート」の記事一覧

レポートで意見を述べる際の注意点

レポートの組み立て方

社会福祉士の養成課程におけるレポートについては、一応は大学レベルのレポートが想定されているので、単なる作文にならないように注意したほうがいいです。 「〇〇と思いました。」 などの文体で終始することを避けるだけで大分レポー・・・

レポート代行業者は使わないでください

代行業者使わないで

社会福祉士のレポート作成に頭を抱えている人は多いです。 当サイトでも、そのニーズを受けてレポートの実例を公開していますが、これはあくまで一つの例であってコピペして大学に提出できるものではありません。 大学によってレポート・・・

社会福祉士のレポート教育の重要性

レポート教育

社会福祉士の養成課程では、レポート書く(書かされる)機会が多いです。 最近では、学習の到達度を判断するのに多肢選択式のテストを採用したり、ウェブ上でテストを行って済ませる科目もありますが、社会福祉士の養成におけるレポート・・・

東北福祉大学のレポートアドバイスが秀逸の件

東北福祉大学の学習ガイド

社会福祉士を養成する通信制大学は多々ありますが、中でも学習内容の公開性という意味で非常に優れた大学があります。 それは東北福祉大学です。 在校生向けに用意した「学習の手引きのPDFファイル」には、レポートを作成する上で有・・・

社会福祉士をめざす人がレポートを書く意味

レポートとは何か

「ふぅーっ、今月は4本もレポートを仕上げたぞ」 「レポート作成って実践に役立つのか?」 とつぜんですが、あなたは、社会福祉士のレポートにおわれて、このように感じたことはありませんか? せっかく大枚はたいて大学や養成校に入・・・

レポートの評価と授業評価システム

評価

最近の大学では、 犯してはいけないルールがあるなら、最初に明示すべき という認識が高まっています。 これはいい傾向だと思います。 ある意味、大学側の説明責任といえましょう。 その背景には、少子化によって大学側にサービス業・・・

社会福祉士のレポート作成は形式にこだわるな

渇き

大学でのレポートは、科学的、かつ渇いた文章で書くのが良いとされています。 渇いた文章というのは「感情的な文章」の逆バージョンと思ってください。 冷静な文といってもいいです。 でも、それって、設題によっては、部分的に逸脱し・・・

福祉系大学レポートにおけるネットからの引用法則

ネット検索

今の学生は情報収集の面では非常に有利です。 必要な情報が、ネットで簡単に検索できてしまうからです。 インターネットの存在により、レポート作成は、昔よりも多くの手間を省けるようになりました。 かつて、ワープロが普及したとき・・・

社会福祉士のレポートは採点者のアセスメントが大事

教員

社会福祉士の資格を取得するまでに、レポートを一度も書いたことがないという人はごくまれだと思います。 なぜレポートを書かせるのかというと、その能力が社会福祉士に必要なスキルに直結するからです。 レポートを書く過程では、考え・・・

社会福祉士レポートの文字調整における重要テクニックを伝授

原稿用紙

レポートを書くときには、字数制限ってありますよね。 400字詰め原稿用紙に何枚とか、2000字程度で、まとめなさいとかの指定があります。 学校によって、それらはまちまちですが、大事なことは、指定された条件を守ることです。・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ